【報告】発達グレー息子、入学からもう2ヶ月!成長と問題点について。

こんにちは★ はなこです。

はなこ
はなこ

今日から6月。あっという間に子ども達が進級して2ヶ月。

早いですねぇ~

2ヶ月が経ち、新生活を長男がどう過ごしているかまとめてみようと思います(^^♪

最初に

2ヶ月、大変よく頑張っているのではないか?という印象。
中学校に入って2ヶ月ですが本人にとっては長い2ヶ月じゃないのか?と思います。

時々「怪しいな」と思う日はあるものの…
まぁ小学校の時を思えば許容範囲ではないかと思っています。

とりあえず色々な状況に分けて書いていきますね♪

学校生活について

まず学校生活自体は楽しんで通っている様子♪
一番仲のいい友達と同じクラスになったはずなのに、部活のことで色々あり(-_-;)
結局部活も違う部に入ることになったからか?
登校時は一応一緒に行くけど前ほど会話はないらしい。
(それでも一緒に行くのは不思議すぎる2人…)

学校では新しい友達もいるようで(違う小学校だった子)その子たちの話も家でしてくれるので安心しています。
友達が出来ない、というタイプではないけれどやっぱり友達関係はちょっと気になる部分ですね。

勉強について

小学校と違うなぁ…と思ったのは【予習】【課題】

この2つの言葉。宿題、じゃないんですよね【課題】です。
英語なんかは学校の授業の前にノートにしっかりと予習をしていく必要があります。
学校の授業が始まったときに「オリエンテーション」が各教科それぞれあったようでそこで説明を聞いたようですが息子がどこまでしっかりわかっているかは謎です(;^ω^)

分かっている予習は一緒に見守りながらやるようにはしていますがこういう勉強の話は、小学校の時とは違うなぁ…と感じる大きな部分だと思います。

GW連休中に出た課題は
「やりました!」詐欺に遭い(息子が嘘の申告)、最終日に全然やっていないことに気づきその週末に全部課題をさせて提出させた…ということもありました(;^ω^)
きっとそういうことは増えていくのでしょう…多分…

頑張っている事について

次に息子がこの2ヶ月頑張っているな~成長したな~と思ったことについて♪

たった2ヶ月なのに頑張っているなと感じることが沢山あります。

バスケ部に入ったこと

小学校卒業前から始めたバスケ。
身長が高いほうなので(170cmあります)、バスケやらない?と友達に誘われ始めました。

中学校ではGW明けに本入部となりいよいよ部活動が始まりました。
学校の授業の後放課後の時間に約1時間ほどの部活動。
私たちの頃とは違いますね(;^ω^) 

がっつり学校の後暗くなるまで部活してた頃を思うと全然練習出来ないんじゃない?と思いながらもやっと始まったか~と思う気持ちの方が大きいです。

放課後にある部活は週に3日。その日はバッシュや飲み物も持っていくので荷物が多い!!
中学校の教科書も沢山あるので登下校時のかばんは本当に重い(;^ω^)

それを忘れずに持って歩いていく姿を見て「頑張ってるな~」と思います。
これからも続くけど頑張れ!!

なぜか?学級委員に選出される

一番頑張っている!そしてびっくりしたのが「学級委員」です。

1クラスにつき男女1名ずつ選出されるクラスの代表が「学級委員」

その学級委員に長男が選出されたんです!
それは4月の終わり頃でした。家ではこんな会話がありました。(因みに娘との会話)

はなこ
はなこ

今年は何の委員会に入るの?
どうせなら「学級委員」に手を挙げたらいいんじゃない??

娘は小学校の時から委員長に立候補するタイプ。でも学級代表はなりたくないらしくてい未だになったことはなかったので、今年は手を挙げてみたら?という会話。

そしたら息子がボソっといったのです…

「学級委員、手挙げてみようかなぁ~」

はなこ
はなこ

いいと思うよ!!挙げてみたら?(^^♪
頑張ろう!って思う気持ちが大切やからね(^^♪

後日娘は「班長」というクラスそれぞれの班をまとめる役になったよ♪と教えてくれました。

息子は??…その話についてはこの記事にまとめてみました(^^)/

先生とのやり取りなど色々ありましたが、無事に頑張ってくれています。

私の中ではこれがこの2ヶ月の間で最も頑張っている!と感じた事かもしれません!

これからどうなるかな…という点は?

この2ヶ月とても頑張っていると思いますが、やっぱり問題点もあります。
まだまだ小さな問題点だなぁ、と思っていますが成績が直接高校への進学へも繋がる中学校生活だからこそ母としては心配なことも増えてくる~(;'∀')

学校行き渋りについて

小学校の頃からあった「学校への行き渋り」

登校拒否、とまではいかないけれど朝起きて学校に行くまでの様子でわかります。

はなこ
はなこ

あ~今日これは怪しいなぁ…

多分学校行くの嫌で、行きたがらない日だな(;´・ω・)

早めに起こして好きな事させて「いってらっしゃい!」と見送る。
この作戦で上手くいった時期もありましたが中学生になりちょっと様子が違う。

今までみたいにみんなと登校班として学校に行く事がまずない!
近所に住む友達と時間を合わせて登校する。小学生よりちょっとだけ遅い登校時間。
娘は娘で自分の友達と行くから少しだけ息子の出発時間とはずれる…

ほら!みんな行くよ!!といったところで

「まだ時間あるもん」
「まだ大丈夫だから…」

とリビングにいる日もちょこちょこ増えました…

因みに4月の1ヶ月は欠席回数「0日」←素晴らしい!!
5月の欠席回数は「2日」となりました。

  • お腹が痛い(トイレにこもる)
  • 頭が痛い(布団にこもる)
  • 靴を履くのに何分もかかる(わざと)

大きな行動としてはこの3つを朝からする時には「僕は学校へ行きません!」と決めている証拠。
学校へ行かない、と決めるとどれだけ頑張っても学校へは行きません…

行かないことをダメだと思いつつも先生と相談したり今までの様子をみて対応してきた私。

息子が小1だった頃はこんな感じ…

1日休んだっていいじゃない!だけど家で好きなことはさせません。
みんなは学校で頑張っているんだから。
そして次の日は学校へ行きましょうね!

こういう約束をして小学校時代は過ごしました。
そのお陰か?小6の段階ではだいぶ休む日も減ったのでとても嬉しかったです。
と言っても他の子よりは休みの数は圧倒的に多いとは思いますが…

ただ、中学校はそんな風にはいきませんよね。欠席や遅刻は大きく進路にも関係するだろうし、学校へ行かない1日でも勉強はどんどん進みます…
勉強をするのも自分だけではカバー出来ない内容になっています(親も同じく)

出来れば休む事無く授業に出てほしい←切実な悩み…

5月は2日間休んでしまいましたが、6月7月はどうなるでしょうか。
部活もちょこちょこと再開するようなので楽しみを見つけて登校してほしいです。
(学校は楽しんで登校することが大切♪)

勉強面について

上にも書きましたが、やはり小学校の学習方法とは違う部分が多くて困惑しています。
もちろん娘が1年先に中学生になったので知らないわけではないのですが…

娘の場合は「わ~課題終わってない!」と言いながらも提出日までにはどうにか仕上げて提出してくれている様子でした。
隣で勉強を見守る、ということはほぼありません(本人任せです)

ただ、息子の場合には本人に任せていて良い物か…という不安があります。

  • 予習が必要な教科は?
  • 予習復習分の提出はしないといけないの?
  • 方法は?
  • 毎日課題が出る教科もあるの? 等々…

質問は次から次へと湧いてくる…
一応それに対して答えてはくれるんだけど「本当か?」と思う事もあります(;^ω^)

小学校の時なら担任の先生に連絡をとって宿題の方法を相談したり…と親と先生で対応をすることが出来ました。

中学生になると教科ごとに担任が違う。
先生によって課題の出し方・やり方・提出日、全てが違う…

中学生だから本人がしっかり聞いてやってくるもの

そういう環境なのでしょうが、息子の場合それで大丈夫なのか…と1学期時点で不安になっています。

もう少しすると初めての定期テストがあります。
テストが返ってきて初めて私がどう思うか…息子がどう思うか…
勉強方法やフォローの方法も考えないといけないかもなぁ…と今は思っています。

学校同様、塾を行き渋る

行きたくない場所へは行きたくない。
行かなきゃダメだと思いながらも気持ちの切り替えが出来ない

この2つは息子の弱い部分だなぁ…と改めて思います。
学校行き渋りや宿題しません、とも繋がりますがやるべきことはやる。
行かないと行けない場所には行かないとなぁ…と少しずつでも思ってくれればと思います。

今年13歳。

親が「○○しなさいよ」「○○どうした?」と声をかけフォローが出来るのはあと何年の事でしょうか…

はなこ
はなこ

そう思うからこそ今出来ることをしてあげたい、言わなきゃ…と思う訳です。

大人になったときに自分の力で生きていけるように…

発達障害・グレーゾーンの子の受験を突破する学習法 [ 芦澤 唯志 ]

社会に出たら自分の気持ちの切り替えは自分でしないといけません。
会社で働き出して「嫌だから」で仕事に行かない…という訳にはいきません。
でも今の息子の様子を見ていたらそういう行動を起こすんじゃないかと親としては不安に思う事が多いのです。

親が親としてフォローをしてあげられる間にしっかりと伝えられる部分は伝えていきたいなと思っています。(伝わるかどうかは別として…)
伝えられるように親としてもこの中学生活の中で勉強しなければ!とも意気込んでおります!
息子と同様、私も頑張ります!!

まとめ

4月5月を振り返ると休んだ日があったとはいえ、頑張っていたのでは?と思います。

まぁまぁの合格!!

新しい環境での生活は大人でも不安だし、息子のような子どもは特に緊張も大きいししんどいことも多いと思いますが今のところまぁ順調ではないでしょうか。

この2ヶ月で感じたのは【頑張ろう】と思える事があるのは本当に大きな支えであること。
自分の気持ちって本当に大切だなぁと感じました。

バスケ・学級委員、この2つは息子が頑張っていて自分に自信を持つことが出来るようになる第一歩だと私は信じています。
まだ中学生になってたった2ヶ月ですが、この2ヶ月だけでも【成長を感じる】とてもいい2ヶ月だったと思っています(親バカすぎ…)

頑張っていることを応援しながら、フォローも上手にしながら1日1日過ごしていければと思います。

6月中旬には初めての定期テストが待っています。
定期テストの話や、その勉強方法についてもまた書かせていただきますね(^^♪

ブログ村参加してます♪

(ぜひぜひ!ポチ♪のご協力、お願いしますm(__)m)

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました