【部活編】積極的に行けない息子、ごちゃごちゃ言ってしまう母。(最近の様子♪)

こんにちは、はなこです。

今回は、長男が学校の活動以外で特に頑張っている事についてです。

「バスケットボール」

小学校を卒業するちょっと前から初めて、中学でもバスケ部に入部♪

私も見守れる時には体育館に出向くようにしています(^^♪

彼はバスケが好きで上手くなりたい!と思っています

まずこれが本当に大切な事だな、と思っています。

  • バスケが好き
  • バスケがしたい!
  • 上手くなりたい!
  • 練習がしたい!!

このコロナ禍においては、部活動にも制限が色々とかけられています。

今までなら普通に練習していた曜日の練習が出来なくなったり、練習時間が短縮されたり…

少し前までは緊急事態宣言や、蔓延防止措置の一環として体育館の使用ですら禁止となっていました。

それでも自宅にゴールを買ったのでバスケがしたい時に練習が出来るようにしています。

1日迄■お得なクーポン配布中■リーディングエッジ バスケットボール ゴール 屋外 家庭用 クリア LE-BS305R

弟(小3)もミニバスを習いだしたので兄弟で一緒に練習する事が多いです←小競り合いしながら…(;^ω^)

家でも練習もするし、私も分からないなりに手伝ってみたりもして…
バスケをしない日っていつ?状態の我が家ですm(__)m

バスケの練習の頻度は…?

因みに息子がバスケを体育館でしっかり練習できるのは、

  • 月曜の夜
  • 火曜の夜
  • 木曜の夜(ミニバスの付き添い)
  • 金曜の夜
  • 土日(朝・昼)どちらか部活

ほぼ毎日練習している、という状況。

これもバスケをしたい!という子どもさんの気持ちを汲んで、バスケが出来る環境を作ってくれている保護者さん達のお陰♪
仲間に入れてもらい、中学に入ってからすぐバスケの練習をするようになりました。

バスケのドリブルやシュートなどの基礎練習。
あとは体力づくりとしてダッシュをしたり、筋トレをしたり…とコーチに教わりながら…の練習です。

最初の頃に比べると「バスケやってるやん」ってくらいにはなってきたのかなぁ?という印象←母、厳しめです(笑)

でも、ガツガツ自分から行けない…

練習の中の後半には基本的にチーム分けをしてゲームをする事が多いです。

身長が170cmオーバーの息子は先輩達の中に混じってもかなり大きい方です(^^)/

ただ…大きいだけではダメなんですよねm(__)m

俺がシュートを決めるんだ!!
ボールをください!!

そういう自分が行くんだ!という気持ちが息子には本当に足りない…

考えるバスケットボール!超自主練66 [ 中川 直之 ]

そういう面は、やっぱり性格によるのかなぁ?と見ていて本当に感じます。

以前、チーム分けで1年生だけのチームになった時がありました。

先輩と一緒だと緊張もするし、「パスしないとダメかな…」と思う気持ちや遠慮が出てしまいがちだけど、同級生がチームメイトならいつもよりは積極的に行けるかな?と思いながら見学していました。

同級生にも色々なタイプの子がいて…

  • ボールを持ったら俺のものだ!
  • 試合に出してください!
  • 出来れば出たいなぁ…
  • 出来ればボール回ってきてほしいなぁ
  • ボールパスされちゃった・・・

息子はパス欲しいと思っていても声を出す事は余りありません(;^ω^)
練習中はOBの方が気を遣ってパスを回してくれたりシュートの機会を与えてくれたりします。

けれど同級生や先輩との中学生同士の試合形式の時には、そういう訳にもいかないんですよね(;'∀')

みんなやるからには勝ちたい訳で…

息子は自分にボールが回ってきたときにも

「…パス、だれに渡そう…」 ←顔が焦りすぎでしょ!?って思う(笑)

こんな感じの状況になります(;^ω^)

周りのお母さん達も

「自分で行きなよ~!!!」「ドリブル!ドリブル!!」

と声掛けしてくれるほど(;´・ω・)

前にみんなにパスばっかり回している日があって帰りの車の中で

はなこ
はなこ

自分で、シュート打ちに行こう!とか

自分が目立ちたい!とか人よりシュート入れたい!とか

そういう風には思わないの?

と本人に聞いた事がありました。

そしたら

長男
長男

だって自分よりもシュート打ちたい子とかゴールまで行きたい子がおるでしょ?
その子にパスしてあげた方がいいかな?と思ったから。

なんだそりゃ~!!!(焦)
自分が今日は目立ってやるぜ!!
みたいな気持ちは一切ないのかぁ?
それで良いのか~???

と思ったのは言うまでもありません…(;´∀`)

確かに思い返してみれば…

家の中でも何かしてもらおうという時には娘が、はい!!と手を挙げるタイプ。

息子は「お姉ちゃんがしたらいいんじゃない?」と譲ってあげるタイプ。

学校でも友達とトラブルを起こさないのも

「僕がやりたい!」という気持ちがそもそもそれほどない子だからかもしれません…

とても平和的だし、みんなからは【優しいね】【穏やかだね】【大人しくていいね】と言われる事も多いです。

ただスポーツをやる上でその性格・考え方ってプラスなのだろうか…
いやむしろ、ガンガン行けない分マイナスなのでは?

と私が1人で考えてしまって、モヤモヤする日が最近多くなっています。

とはいえですよ?本人の性格が何かの拍子で「ぽん!」と変わる訳ではないのです…

彼は彼で、私も私で…

「こういう考え方やめた方がいいよ」なんて人に言われたとて、いきなり変われる訳がないんです。

逆に「自分からガツガツ行かないと!」「何で行けないの?」という言葉自体が息子を否定する事にも成りかねない。

でもせめてバスケの試合の中だけは、

「俺が主役だ!!!」

って言っていいんだよ?遠慮しなくていいんだよ…って言ってあげたい。

実は私はダメな事をしていたのかも…

練習を見学したり、練習試合を見るたびに私がしていた事…

はなこ
はなこ

もっとガツガツいかんと、ボールもらえないし上手くなれないよ。

もっと積極的にバスケしないと!!

これって、お子さんに言ってしまいがちなワードではないですか?

「私もそれ言ってたわ~!!」

と思った方いるはず!!(そこのあなたですよ♡(笑))

実はこういう声掛けが子どものやる気を削いでしまっているかもしれないそうです(;^ω^)
子どもにもっと頑張ってほしくて声掛けしていたのに…逆効果だったとは…。

確かに、親に言われて「あ!そうだな!!」と思う事って余りないような…

自分たちが子どもだった頃を思うとその気持ちは分からなくもない…(笑)

その何気ない一言が子どもの「自己肯定感」を下げてしまう事にも成りかねません。

自己肯定感とは…?

自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

息子の場合バスケをしている中で

失敗したらどうしよう
あの子の方が上手だしなぁ…
人にパスした方がいいのかもしれないな…

と私が思う以上に本人はプレーしながら考えているのだと思います。

それを「何でいかなかったの?」「自分でシュート打てば良かったのに!」と簡単に言ってしまう事は

【自分はやっぱりダメなんだ】

と思う事に繋がってしまう訳です…(;^ω^)

チームメイトの保護者の方の中でも

うちの子は何であんなに消極的なのかしら…

と悩んでいる人は意外に多いのも事実なのですが。

子どもの成長を見守るためにも親の「忍耐力」も問われるな…と感じる今日この頃…です(笑)

親として出来る事は何かを考える時間

ずっと書いてきたように、親は親で子は子で色々考えているという事は間違いありません。

私は【上手くなって欲しい】

息子は【上手くなりたい】

だけどその子それぞれ性格があって、自分から積極的に行ける子もいれば息子のように受け身な子もいます。

受け身だからダメと決めつけるのではなくて試合中や練習中に色々考えながらプレーしている事や、その中で本人なりの成長をしている事を認めてあげる事が大切なんだろうな…と最近思う事が増えました。

それからは練習後、帰りの車の中での声掛けをこういう風に変えてみました♪

今まで…

はなこ
はなこ
  • あの時声出してパス貰ったらよかったんじゃない?
  • シュートなかなか決まらんかったね…
  • ○○君みたいに積極的に行けたらいいのに
  • 自分でドリブルしてゴール下まで行ったら?

                    などなど・・・

最近は…

はなこ
はなこ
  • 今日の動きめっちゃ良かったね
  • シュート決まったのも結構あって良かった!
  • ドリブル前より上手くなったんじゃない?
  • 周りのお母さん達からも褒めてもらえてたよ!

どちらかというと「ポジティブ」な声掛けをするように心がけています。

我が家の子ども達は私に似て(ごめん・・・運動神経は決して良くありません(;´・ω・)

息子に至っては小学校の時から人の前に立つとか目立つような子ではなかったので正直バスケ部に入部するという言葉を聞いた時でさえ

【嘘やろ~???】

と思ったくらいです(笑)

でも、バスケを練習するようになってからほんの少し…かもしれないけど息子が変わってきたような気がします(^^♪

特にここ1ヶ月くらいは自分で行くんだ!という姿が見られる時も増えました(^^)

周りのお母さん達も

「最近いい感じやね♪成長感じるよ!」

と嬉しい言葉を言ってくれます。

子ども達が頑張っているのを見ながら、親もまた色々と成長するのかもな、と思います。

部活を通じて色々なお母さん達との交流も増えたのでそういう面でも感謝ですね♪

まとめ

息子なりに頑張っている(…と思いたい)バスケ部での活動。

母として、一番の応援者としてどうやって見守っていくべきかというのは多分これからも色々と悩みながら…だと思います。

楽しい事も辛い事も、失敗もあるだろうけど経験しながら成長していってもらいたいですね(^^♪

そして「頑張って続ける事」「自分なりに頑張る事」を学んでほしいなと思います。

これからも精一杯応援します♪(要らない事は言わないように注意しながら(;´・ω・))

コメント

タイトルとURLをコピーしました