中学生のスマホルール、時間制限や使い方は!?わが家はこれで安心デビューしました!

子ども達が大きくなるにつれて今までとは違う悩みも沢山出てきます。
友達関係、学習面、そして周りに色々合わせること。

周りの子が小学校の高学年あたりから持ち出すのが『スマホ』です。

今回はそんなスマホ事情について…。

この記事はこんな人向けに書いています(^^♪

  • スマホを持たせる予定があるけど悩んでいる方
  • スマホを持たせているけどルールは作っていない方
  • ルールを決めたものお子さん守ってもらえてない方
  • 見た目でわかるルール作りを考えている方

中学生のスマホ普及率はどのくらい?

先ほども書きましたが、早い子なら小学生のうちからスマホを持っている事も増えました。
周りでも4~5年生くらいから「買ってもらったよ」という話を聞くことがありました。
(もちろん、ほんの数人ではありますが(;^ω^))

令和二年度時点でのスマホ普及率はどのくらいかというと…

参考:令和二年度 青少年のインターネットの利用状況 | 総務省

なんと令和2年度の時点でスマホでのネット使用状況は中学生【79.3%】

はなこ
はなこ

早い子だと小学生の間に…

中学校に入学するのを機にスマホを持つという子も多いんです!

…という我が家も長女(2021年に中2)、長男(2021年に中1)ですが小学校の卒業式前後にスマホデビューをしました。

スマホを持たせるに当たって家族(親子)でルールを決める事にしました。
(最初にしっかり決めておく事が大切だと思ったので)

※ご家庭それぞれの考え方があるのでルールもそれぞれだと思いますが、中学に入ってスマホを持ち、ルールを決めて利用している中で気づいたこともあるので参考になれば…と思います♪

時間はしっかり守らせよう

大人でも1日暇さえあればスマホを触っている人も多いのではないでしょうか?

スマホ依存症、なんていう言葉が出来るほどスマホがないと困るし、1台あれば何でも出来るこの時代。
手元にあるととても大きな「誘惑」なのです(;^ω^)

その誘惑に勝つために決めたルールは「制限時間」!!

1日に使える時間帯を設定する

我が家の子ども達、長女と長男がそれぞれスマホを所有しています。
色々な契約の都合などがあって使っているスマホのキャリアが違うのでそれぞれで設定しています。

長女は、iPhoneを使っているので「スクリーンタイム」を利用。
長男は、androidなので「Family Link」を利用。

2人とも毎日「6:00~23:00」の時間帯だけスマホが使える状態にしています。

とはいっても平日は学校がありますし、部活がある日や塾がある日は平日は使う時間は限られているかなぁ…という印象です。

今日は使いすぎているな、と思えば「ロック」することが可能なのでとても便利です。
また1日どのタイミングでどんなアプリを使用しているのかを管理することもできます。

夜寝る時間はしっかりと守ってもらいたいという事もあり23時にしています。
長女はよく友達と「課題の内容」を相談している事もあるので塾が終わった後も1時間ほど使える状態にするため「23時まで」というルールにしました(^^♪

1日に使える時間の上限を決める

子ども達に聞けば「ずっとスマホを使える状態にしてほしい」と言います。
でもそんなこと出来るはずがありません(計画を立てられるようになれば別ですが…(笑))

はなこ
はなこ

先輩ママさん達に聞くとしっかりと管理しないと勉強もしなくなるし大変らしい…

我が家はどうしたらいいかなぁ…

1日の中でスマホが使える時間は23時までとしましたが、1日に使える上限も設定しています。
それは3時間。
3時間もあればそこそこ使えるのではないか?と思ったので我が家のルールは3時間です。

3時間経つと制限がかかるのでとても便利です。
(3時間できっちり終えられるかは別として…ですが(;^ω^))

今日は頑張ったね♪という日は「制限時間を少し伸ばす」なんていうご褒美を作ってみるのもいいかもしれませんね♪

アプリインストールは親が管理しよう

スマホがあるだけで色々楽しめる便利な時代…
子ども達の方が「面白いアプリ」「人気のアプリ」をよく知っています。

知っているということは「自分もやりたいな!」と思う事に繋がります。

はなこ
はなこ

我が家は、親の承認がないと「インストール不可」というルールを設けました

こんなアプリ必要なの?というものも実際存在しています。
子ども達がどんなアプリを使っているかを把握することももちろんですが我が家の場合にはアプリをインストールする場合には【承認】が必要な設定にしています(^^♪

新しいアプリをインストールする度に承認のリクエストをしないといけないので子ども達からすると面倒に感じているようですが、リクエストする前にも考える時間が出来ていいですよね。


何これ?と思うアプリの場合にはその時に話し合えるのもいい点だと思います♪

はなこ
はなこ

子ども達が使っているアプリをしっかり把握することは大切ですね♪

親に「承認」を得ないといけない分、インストールすべきかどうか…と本人も一度考えることが出来るのもいいと思います(^^♪

たまにスマホの中身も確認しよう

人のスマホの中身を見ることは余りありませんが、子どもの場合は状況が変わります。
我が家では、『スマホでのやり取りを親が確認するよ』という事をしっかり話しています。

それはスマホを持たせていてもそのスマホは「親のもの」、そして「見てほしくないやり取りはそもそもするべきではないよね」という考えからです。

  • 友達とのやり取りの中で気になる点はないか?
  • 言葉の使い方は間違っていないか?
  • どんな友達とつながっているかの確認もできる

LINEも今では子ども達も使っているツールです。とても便利ですよね。

短文でやり取りすることが多い子ども達。
「うん」「まぁ」「それな」「で」
この返事で相手にしっかり伝わっているのかな?と思う事も。

親子のやり取りでも「疑問文」なのか、「相づち」なのか…と一瞬考える時があります(;^ω^)
同級生のママさん達に聞いても短文を使う子が多いようなので最近は短文のやり取りが主流なのでしょうか…

物の言い方1つ取っても人によって感じ方は違います。

SNSでコメントやLINEを送る時には【相手にしっかりと伝わるように】、あとは送る前に【相手がどう思うかな?】と考えてから文章を送りなさいと伝えています。

相手を目の前にすれば言えない事も気軽に伝えることが出来るのもSNSの魅力だと思いますが、それがトラブルを起こす原因になることも…。
そういう怖さが隠れている事も子どもには話しておくべきだと思います。

長女
長女

大丈夫~!トラブルになんて私はならないから♪
心配しすぎだよ~

はなこ
はなこ

その自信が逆に「不安」になるよ~!

しっかり相手の気持ちを考えて使うようにしてください!!!

娘とはこういうやり取りが良くあります。
「大丈夫だよ」という言葉はどこから湧いてくる自信なのか分かりませんが…

実際、SNSによるいじめなどのトラブルは学校側も気付いた時には重大な事になっている場合が多いのです。
見えない部分でどんどんエスカレートする傾向にあるからです。

学校でも「スマホについての注意喚起」をしていますが、家庭でしっかりと話しあう事が大切ですし子どもに伝えられない状態なのであればスマホを持つ事はやめた方がいいと私は思います。

≪小学生でスマホを持たせている方はこちら★≫

いじめられる側だけではなく相手を傷つけてしまう事もないように、相手の気持ちや立場を考えてスマホを使わないといけないという気持ちを今から持ってもらわなければなりません。

トラブルが起きてからでは遅いのですから…

勉強をするときには触らない

中学生になると小学生の時とは違い、「定期テスト」や「単元テスト」それに加えて「課題提出」など自主的に勉強をしなければなりません。
勉強をするときにスマホは、邪魔な「誘惑の塊」である事は間違いありません。

ただ個人的にはスマホが手元にあったとしても時間を考えて勉強を出来る子になってほしいと思っている部分もあります。

親が取り上げてしまえば簡単ですが、「この時間はしっかり勉強しよう」「10分スマホを使おうかな」と計画を立てられるなら取り上げる必要はないかと…
それほど上手くはいかないので結局テスト前などは没収状態(時間制限)になる事が多いです(-_-;)

テスト勉強の休憩で「スマホを使う時間」を設けるというのもありかも♪

ルールを守らない場合は没収します

親子で決めたルールを守れない場合にはもちろんスマホは「没収」の刑!となります!!

先ほどの「勉強」にも繋がるルールになりますが「テストの成績」が落ちればもちろん「没収」です

私がよく子ども達に話している事があります。

はなこ
はなこ
  • 勉強、学校へ行く←これは、あなた達の仕事
  • 頑張っているからゲームやスマホを使える
  • 約束を守れる子は使う権利があります

何もせずとも「スマホ」や「ゲーム」を使えると思わないでください!
自分たちがしなければいけない「仕事」をしっかりとしましょう。
それはそれぞれ違いますが(中学生・小学生で少し違いますよね…)、父母から見て出来ていないと感じた場合には「ゲームやスマホは使えません」

これが共通ルールです。

【番外編】スマホルールに役立ちツール

学校でもスマホについては大きな問題であり課題のようです。

小学校の高学年の頃個人懇談で担任の先生とこんな会話がありました。

先生
先生

お子さんはスマホ持っていますか?

はなこ
はなこ

うちの子どもはまだ持たせていません。

本人たちは欲しがってはいますが…

先生
先生

スマホを持っていいことはないと思ったほうがいいです。

持つな、とは言いません。持ってもいいよとも言いません。

ただ「よかった」と思うことはあまりないと思いますよ。

その言葉が先生側の苦労をすごく感じる言葉でした。ベテランの先生でしたが最近の子ども達のスマホ事情に困惑されている様子でした。

また中学校入学の際にはこんなスマホルールに関わる事も伝えられました。

同じ話をツイートしていた方がいたので引用してみます。

これはスマホ18の約束は、アメリカに住まれているの5人の子を持つ母親が、13歳の息子と交わした約束です。(2012 年の年末の話です)

これを見る限り「スマホルール」を定めないといけない状況になっているのは世界共通のようですね。

そして日本でも「誓約書」を交わすケースが増えているようです♪

2018年に書かれた父から息子へ贈るスマートフォン貸与契約書をご紹介します。

元YAHOO! JAPAN 執行役員の村上臣さんがお子さんへスマホを送る際に一緒に渡したものだそうで、これを元にするだけで「自分の家だけのルール」が誓約書に早変わり♪

見た目だけだと難しく感じますが、誓約書と一緒にお子さんと会話しながら確認するのもいいと思います。大人が交し合う誓約書を使う事で「僕・私もしっかり守らなきゃ!」と思ってくれる事でしょう♪

また各携帯会社でも同様にスマホルール作成コンテンツがあります(^^♪

親子で作るスマホルールリスト | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
親子で話し合いながらつくる、スマホの使い方の約束リストです。
ルールを考えよう!| スマホ・ケータイファミリーガイド on WEB | au
家庭のケータイルールをつくろう!基本編をご紹介します。家族や友だちといるときにはケータイを使わない、大切なことを伝える時はケータイを使わないなど基本的なルールを作りましょう。

自分たちだけのルール作りをして「守る事」「いけない事」についても親子で話し合う機会を設けることも大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?

スマホについて不安を持っている方の参考になれば…と思います(^^♪

子ども達の年齢や生活スタイルに合わせて、各家庭にあったルール作りを。
そして子ども達がトラブルに巻き込まれないように親として出来る対策をしたいものですね♪

はなこ
はなこ

我が家ももう一度スマホルールについて子ども達と話してみようと思います♪

安心してスマホを利用できるように考えてみてくださいね(^^)

皆さんの独自のスマホルール、ぜひ教えてください♪♪

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました♪♪

ブログ村参加してます♪(良かったらポチ♪お願いしますm(__)m)

にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました